ゴミ箱プロジェクト始動

この度、Palau EPIAより、パラオ国際空港([ROR]Roman Tmetuchl International Airport)へゴミ箱を寄付いたしました。
寄付にあたり、同空港にて設置式が行われましたのでご報告いたします。

日時:12月15日10:30-
主催:パラオ国際空港
場所:パラオ国際空港(ROR)内、チェックインカウンター付近
参加者:PalauEPIA理事及びスタッフ、チャールズ・オビアン公共基盤・産業・商業大臣(H.E. Mr. Charles Obichang, Minister of Public Infrastructure, Industry and Commerce)、アイライ州知事、他

photosession1photosession2

photosession3photosession4

ゴミ箱設置場所:
1)Immigration gate
trashcans1

2) Baggage claim
trashcans2

3)Departure gate
trashcans3

また、本セレモニーは地元メディアIsland Times(12月16日付)へ掲載されました。
islandtimes1

~ゴミ箱寄付へ至った経緯・主旨~
「環境保全を意識し、高める」事を目的とし、目に見える形で環境保全へ関心を持って頂けるようパラオへの「ゴミ箱設置プロジェクト」を始動いたしました。
国民・ツーリストへ観光配慮を推進するにあたり、まず「パラオの空の玄関口」である国際空港への寄付を決定いたしました。空港利用者【年間16万人(※2015年)の外国人旅行者、及び国民】へ向け、幅広くパラオへの環境配慮を推進していきます。
Palau EPIAでは引き続きパラオ国内で適正な廃棄物分別・処理の実現ができるよう本プロジェクトを実施してまいります。

尚、本プロジェクトは、7月10日に行った当法人発足記念パーティの物販売上の一部、及びOcean Payサービス(協力先)をご利用中の皆さまからの募金により、実現いたしました。ご協力くださいました皆さまへ改めて感謝申し上げます。
つきましては現在までの募金金額を以下へご報告いたします。

◆Palau EPIA発足記念パーティ物販売上
¥259,000-

◆Palau EPIAサポート募金
JPY:¥105,500-
他通貨分:約¥56,590-(12/22現在)

■プロジェクト総経費(ゴミ箱本体代及び印刷代※スタッフ移動経費・輸送費除く)
¥305,358-

Palau EPIAサポート募金は今後も継続してまいります。
みなさまからのご支援は、『ゴミ箱設置プロジェクト』をはじめとしたPalau EPIA プロジェクト活動実施のため大切に使わせていただきます。
募金の使いみち:
・渡航費などの活動経費
・実施に必要な備品や消耗品、資材費
・作業員やスタッフなどの人件費、広報(PR)活動費
・WEBサイトの管理運営費
・国際協力、友好親善活動に係る諸経費 他

今後とも、Palau EPIAをよろしくお願いいたします。