Palau Epiaとは

代表挨拶

日本とパラオの美しい未来へ向け、
私たちに出来ること・・・

世界的に「環境問題への取り組み」が定着されつつある中でも、南太平洋諸国では地球温暖化による海面上昇被害が年々増しており、また、今後ますます被害が増大する恐れがあります。

日本と縁深い国、パラオ共和国もそのような環境に置かれている国のひとつです。1910年代、日本の委任統治領時代から、戦後~現在まで、日本とパラオは親密に関わり合い、交流を続けてきました。この100年近く続く友好関係をさらに発展させ、環境と経済の両立を具現化するため、Palau EPIAは発足いたしました。

環境に配慮した不動産開発・リゾート開発への協力と支援、海底通信ケーブルの設置※に伴うフィンテック系サービスの導入及びITインフラ整備等の活動を始めとし、幅広くパラオの経済発展に寄与してまいります。また、そのいずれもが環境保全に付随し、ブルーツーリズム開発と平和構築であることを目標にビジョンの共有を図ります。

このプロジェクトが、今後の両国の美しい未来、また未来の子供たちへ美しく豊かな地球を残していく役割となることを強く願い、活動してまいります。

代表理事 宮崎 陽子


法人概要

名称
一般社団法人Palau EPIA
所在地
〒108-0075 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー16階
設立年月日
平成28年4月1日
電話番号
03-6479-7174(事務局)
代表理事
宮崎 陽子